育毛剤の旬な選び方

MENU

抜け毛が多いかな?と思ったら育毛剤を使おう

 

 

日々の生活の中で、髪の毛が抜けることは多いですが、朝起きた後の枕や布団、洗髪時の髪の毛の抜け方が激しいとどうしても薄毛にならないかどうか不安になってしまいます。もちろん、その抜け毛が自然な抜け毛なのであれば問題はありませんが、季節や時期、体調に関係なく抜け毛がある場合にはAGAやハゲの予兆として早めに対策しないと手遅れになります。

 

特に、30代位になってくると抜け毛はかなり多くなってくるので、早めに対策をしてそれ以上無駄な抜け毛が増えないようにする必要があります。抜け毛が増え始めた頃にしっかりケアできていればそれ以上髪の毛を失うことはないですが、ケアが不足しているとどんどん抜け毛が増えていって、手で触っても分かるほどに髪の毛が減ってしまうかもしれません。

 

育毛剤を使い始める時には、多くの方がドラッグストアなどの市販の育毛シャンプーや育毛用品から始めますが、多少無理をしてでも最初からチャップアップやBUBKA(ブブカ)のようなしっかりした育毛剤を使ったほうが効果は期待できます。

 

最初はどうしても価格で育毛剤を選んでしまいますが、頭皮環境の正常化や髪の毛の環境改善を考えた時にはしっかりと効果が期待されている育毛剤を使わないとあまり意味はありません。市販の安い育毛剤は効果は出にくく、アルコール系の物が多くあるため、商品によっては肌に与える刺激が強すぎて抜け毛を促進してしまうこともあります。

 

育毛剤1つあたりの金額は2000円から4000円程度ですが、チャップアップなど十分効果が期待できるものは通販で8000円ほどで入手できるので早いうちに良い育毛剤を使って頭皮の状態を改善しておきましょう。

 

シャンプーをしている時に顔や肩に髪の毛が抜けて流れてくる場合には、ちょうど抜け毛が起こる時期になっているか、疲労やストレスで抜け毛が増えやすくなっているかといった原因が考えられます。こうした状況は、頭皮環境や生活環境を変えれば比較的すぐに改善されますが、仕事のストレス等は簡単に解消できない場合もあります。育毛剤を使用してストレスに負けない頭皮を作り出せれば抜け毛も最小限に抑えられるので育毛効果もある程度期待できます。

 

育毛剤を使用したからといって確実に髪の毛が増えるわけではないですが、何の対策もせず、生活も変えずにいれば髪の毛はどんどん抜けていってしまいます。一時的にでもそれ以上毛が抜けてしまわないように、抜け毛予防ができればひとまずはOKです。

 

育毛剤の仕組みと期待できる効果

 

多くの育毛剤は髪の毛の仕組みを理解して、適切な栄養を髪の毛に送り出すように機能します。髪の毛の根本には毛根と呼ばれるものがあり、毛根の根本には丸く膨らみを持った毛球という部分があります。

 

この毛球に栄養が送り込まれることで髪の毛が成長し、育毛も成功します。この毛球に栄養を送り込むのは毛乳頭と呼ばれる組織で、この髪の毛に栄養を送り込むために必要な組織にしっかりと血液が流れ込み、同時に血液に乗って栄養が補給されれば髪の毛にも栄養が行き渡ることになります。

 

しかし、髪の毛に栄養を送り込む部分は毛細血管と呼ばれる細い血管が多くなっているため、体調の悪化や喫煙で簡単に栄養が行き届かなくなります。こうした血流の悪化も一部薄毛の原因となります。

 

AGA治療薬や育毛剤に含まれているミノキシジルは、血流促進効果が期待されていますが、喫煙習慣があると毛細血管が縮小してしまうので十分な効果は得られません。

 

また、AGAの原因といわれているジヒドロテストステロンについても健全な生活を送っているとそこまで多くは分泌されないため、生活習慣の改善が重要です。テストステロンは、筋肉トレーニングや危険な状況、不安定な状況や刺激などで多く分泌されますが、極端に安定過ぎる生活を送っているとテストステロンがあまり分泌されなくなるため、バランスが崩れてテストステロンを多くするために、テストステロンが一時的にジヒドロテストステロンに変換されてしまうこともあります。

 

また、このテストステロンが多すぎてもジヒドロテストステロンに変換されて、アンドロゲン受容体に影響を及ぼします。アンドロゲン受容体は細胞内で遺伝子の転写に欠かせない働きをしており、ジヒドロテストステロンがこのアンドロゲン受容体に反応してしまうと髪の毛を増やすための反応が正常に行われずに、髪の毛の量が増えにくくなってしまいます。

 

髪の毛はだいたい4年から5年で完全に生え変わるため、生え変わる途中で起きている細胞分裂も正常に起こるように生活習慣を整える必要があります。しかし、テストステロンの誘導体ジヒドロテストステロンが多くあると細胞分裂時の遺伝子転写がうまくいかずに髪の毛を生やす力が落ちてしまいます。

 

毛根付近の細胞にもしっかりと栄養を送り込んで、健全な生活をすることで力強い髪の毛を生やすことが出来ます。育毛剤はその働きを促進するもので、根本的な生活改善が出来ないと育毛効果は十分に得られません。

 

育毛剤を使用して期待できるのは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換してしまう5α-レダクターゼ(3-オキソ-5α-ステロイド-4-デヒドロゲナーゼ)というステロイド代謝に関係する酵素の働きを抑制したり、血流促進したりすることだけです。

 

髪の毛を魔法のように生やすものではなく、髪の毛が生えやすい状態を作るためのものでしかないので、育毛剤に頼りすぎても髪の毛は増やせません。

 

喫煙と過剰な飲酒をやめて、毎日しっかりとシャンプーをして頭皮環境を、身体の内側から整えれば自然と髪の毛は増やしやすい状況になります。
育毛剤はあくまでこの働きを助けるためのものと捉えて、サポートする力が強いものを選んで使いましょう。

 

髪の毛が生えるメカニズム

 

 

髪の毛は一定の期間毎に生え変わっており、髪の毛を強く長く伸ばすには毛根に十分な栄養がいきわたっていることが大切です。男性の場合は女性ほど髪の毛を伸ばすことはあまりないですが、長い髪の毛を持つほど毛根にも負担がかかるため髪の毛が抜けやすくなります。

 

髪の毛が短い男性も髪の毛が抜けやすくなる男性ホルモンの影響が大きいため、髪の毛が短くてもすぐに髪の毛が抜けてしまう場合があり、髪の毛のケアの仕方についても、女性に比べて男性の方が雑なため、頭皮に負担をかけて多く髪の毛が抜けてしまう要因になっています。

 

髪の毛が増えるのは、毛根、毛乳頭に十分な栄養が行き渡るためなので、栄養補給と健康な生活習慣は欠かせません。

 

髪の毛は体内から栄養を得て伸びていきますが、栄養不足や十分な栄養がないと伸びる速度が落ち、髪の毛も弱々しくなります。特に亜鉛の摂取は重要で、亜鉛が不足すると髪の毛を作るのに必要なケラチンを生成しにくくなります。

 

海産物、海藻類を多く摂取すると亜鉛やミネラルを多く摂取できるため、頭皮だけでなく体内の各所にメリットがあります。食生活を改善することで大幅に頭皮環境も改善できて、身体への負担も減らせるため、育毛剤しようと合わせて食事もしっかりと摂取しましょう。髪の毛を生やすためには毛根付近までしっかり血液が流れる必要があるので、ドロドロな血液の状態は避けて、しっかり流れやすい状態の血液を維持しましょう。

 

髪の毛を脱毛する時には、髪の毛の毛根部分をレーザーや光を使用して細胞ごと破壊します。そうすると体毛を生やすための組織が完全に失われるため、それ以上髪の毛を育てることなく、根本で体毛を保持している毛根部分が弱まれば体毛は抜けていきます。育毛ではこの逆で、毛根部分や毛乳頭に十分な栄養を行き渡らせることになるので、しっかり栄養補給できれば髪の毛をしっかり伸ばし続けられます。

 

髪の毛も細いまま育ってもちょっとした刺激や負担ですぐに傷ついてしまいますが、太く強い髪の毛であればケアもしやすく、非常に強い髪の毛を伸ばすことが出来ます。一度強い髪の毛を育てられれば髪の毛も抜けにくくなるので、まずは毛根を強くすることから考えましょう。

 

髪の毛が抜けるのはなぜ?

 

人の髪の毛はストレスや自然な生え変わりで抜けてしまいます。しかし、自然に抜けてしまう髪の毛は、抜けた後にその下から再び毛根から髪の毛が生み出されてきているので、そのまま毛がなくなってしまうのではなく、生え変わっているだけです。

 

人の体毛は熱の発散や水の蒸発促進、体を守る効果があるなどさまざまな役目がありますが、髪の毛はそのような役目の中で傷ついて抜けていくことも多いため、毎日50本から80本くらいの髪の毛が抜けていてもそれは問題にはなりません。

 

100本から160本もの毛が抜けているような場合には、単純に生え変わりの時期に重なったか、ストレスが過剰すぎるかといった原因が考えられます。

 

栄養が不足すると髪の毛が抜けてしまうのは、長い髪の毛を細い髪の毛では支えきれないためです。それまで問題なく伸びてきた髪の毛も栄養不足になると十分な太さの髪の毛を生み出せなくなって弱々しくなります。弱々しい髪の毛はその先に生えている髪の毛を支えなければいけませんが、支える部分が弱ければ途中で折れてしまうのは当然のことです。

 

髪の毛には中心部の毛髄質(メデュラ)、髪の毛の太さに影響する毛皮質(コルテックス)、髪の毛表面の毛表質(キューティクル)に大きくわけられ、この毛皮質がしっかり育たないと髪の毛は傷つきやすくなります。髪の毛はこうした組織が束になっていて、部分的に構造が弱く折れやすい部位もあります。

 

そうした部位から髪の毛が折れていても、髪の毛が抜けたように感じることはあるため、抜けた髪の毛の根本を見て毛根のようなものがついているかどうか確認すればどのような髪の毛が抜けているか確認できます。

 

ストレスを感じると、毛細血管に十分な血液が流れない場合があります。血液が流れたとしてもストレス過剰の影響で十分な栄養がないため、髪の毛が育ちません。

 

精神的なストレスが多くても、栄養をしっかり補給できていればそこまで抜け毛が増えることはないですが、遺伝や個人差で抜け毛が増えることはあるため、十分な対策や健康管理は必要です。

 

また、外的要因によるストレスも影響し、紫外線や強い直射日光、肌質に合わないシャンプーや間違った洗髪の仕方をしているとそれだけ頭皮を傷つけ、髪の毛も傷ついて髪の毛が抜けやすくなります。

 

自然に生え変わる以外にもちょっとしたことが抜け毛の要因になるため、育毛が必要になった時は早めに対策を考えてそれ以上抜け毛を増やさないように気をつけましょう。

 

抜け毛が増える時期と季節

 

 

どんな人でも抜け毛は増えてしまう時期があり、季節の変わり目である冬から春にかけて、秋から冬にかけての時期は抜け毛が増えやすいです。この時期はアレルギーや気温変化によるストレスを感じる人も多いため、栄養不足になることもあり、抜け毛はどうしても増えやすくなってしまいます。季節の変わり目は気温変化によって、頭皮にもストレスがかかってしまうため十分なケアをしていても負担がかかってダメージを受けやすくなります。

 

気温変化が頭皮だけでなく、髪の毛そのものにも負担を与えるため、注意深くケアしていないと髪の毛のキューティクル部分にダメージが加わって、男性でもバサバサの髪の毛になってしまうこともあります。

 

日頃も抜け毛は多少ありますが、極端に多く毛が抜けるときには早急に対策が必要です。自然な抜け毛でない場合には、ストレスや栄養不足などをしっかり考慮して、生活習慣を改善しましょう。

 

また、既に育毛剤や育毛シャンプーを使っていて抜け毛が増えた場合には、その育毛剤やシャンプーが肌にあっていないか生活習慣の変化で身体に合わなくなった可能性もあるため、効果がなくなったり、逆効果になったりしている場合にはしっかり工夫しましょう。抜けてしまった毛もそのままにせず、毛根があるかどうかもチェックして髪の毛の状態を把握するのに役立てるとその後の治療や育毛剤利用に役立てられます。一時的な抜け毛かどうかを確かめるには、一度医師の診断を受けるのが良いでしょう。

 

AGAやストレス性の抜け毛になっている可能性もあるため、原因がいまいち分からない場合には早めにAGA対応のクリニックを受診しましょう。だいたい1万円から1万5千円ほどで治療費、初診料、診断料含めてDNA検査もできるので、ぎりぎりになって取り返しがつかなくなる前に抜け毛の要因を見つけておく必要があります。

 

育毛剤を使用するときにもどんな成分が含まれているものが適しているか分かりやすいので、個人の判断で育毛剤を選ぶよりは医師のアドバイスを受けるほうが確実です。

 

育毛剤によっては漢方成分の多いものや、M-034などの成分が含まれているものもあり、それぞれに効果の出方に差があります。自身の体にあったものを活用して、効率的に育毛しましょう。

 

育毛や発毛に効果的な食事と生活習慣

 

髪の毛の生育に欠かせない食事は、主に5大栄養素をしっかり摂取できる食事と、亜鉛やミネラルを多めに摂取し、血流改善が見込めるものが役立ちます。

 

中でも、わかめや牡蠣のような海産物は毎日食べてもよいほど重要な栄養素を含んでおり、継続して摂取するか、定期的に摂取して育毛効果を高めると良いでしょう。炭水化物の大量摂取は避けて、血液がサラサラになるようにネギや玉ねぎなどの食材を選ぶと血行促進されやすい体内環境を作ることが出来ます。

 

そこに、亜鉛を多く含んでいる牡蠣や血流促進や過酸化物質低減を期待できるDHA・EPAを多く含んでいるイワシやさばなどの青魚を摂取すれば血流は十分改善できます。

 

亜鉛を摂取したほうが良いのは、髪の毛の生育に欠かせないケラチンが亜鉛があることで効率的に生成されるためで、過剰摂取しない程度に栄養を補っていけば育毛効果も精力増強効果も期待できます。亜鉛はサプリメントで補給することもできますが、最も栄養吸収率が高いのは食材の牡蠣を食べたときなので、無理はしない程度に牡蠣を選んで食べればより効率的に栄養を補給できます。毎日牡蠣を食べるのが大変な場合でも1週間に1回、2日から3日に1回のペースでも食べないでいるよりは良いので、工夫した食生活を送りましょう。

 

近場で良い牡蠣や魚介類を買える場所がない場合は鮮魚専門の通販を活用するとまとめて冷凍の牡蠣を入手できることもあるため、工夫して食材を手に入れてみてください。

 

1日3食の食事を取るのが望ましいといわれていますが、生活スタイルや身体の体質に合わせて食べるタイミングや量を調整しましょう。人によっては朝は少なめ、昼は多めにして、夜は全く食べなくても平気な場合もあるため、無理に1日3食食べる必要はありません。

 

また、1度の食事量を減らして、1日4回や5回の食事を取るのも、体質によっては適しています。朝7時、昼12時、夜7時の食事だとして、間食の10時、午後3時にフルーツやヨーグルトなどを食べれば不健康なことはなく、よりエネルギッシュに活動できるかもしれません。仕事に忙しい場合には適切な食事の仕方でしっかり栄養補給できるため、自分の身体に一番適した食生活を見つけるのも大切です。

 

気をつけなければいけないのは、添加物や保存料の多い食品で、コンビニ弁当やインスタントラーメン、スナック菓子はあまり食べないようにする必要があります。添加物やスナック菓子には、結果的に体内の血液をドロドロにしてしまうため、時間が経てばもとに戻るとは言え、体内環境の正常化には避けるべき食品です。塩分過多で血圧も不安定になる上、肝臓や腎臓にも大きな負担がかかります。

 

また、添加物を摂取すると過酸化物質が非常に多くなるので赤血球などの働きが弱まったり、体内の各所の細胞を刺激して通常の働きをしなくなる細胞も出てきます。過酸化物質は組織の働きを一時的に弱めてしまって、老廃物を多く出し、細胞を疲弊させる結果につながるため、できれば食べないほうが良いものです。保存食としては保存料が入っているものは仕方がないですが、日常的に摂取するのは避けて、育毛効果を高められるようにしましょう。

 

抜け毛予防や育毛を意識するのは何歳から?

 

 

人によって髪の毛の抜け毛が気になる年齢や時期は異なります。特に、早い人は高校生くらいからストレスで一時的に抜け毛が生じることもありますが、多くの人は20代後半から30代後半にかけて抜け毛の意識が高まります。

 

しかし、髪の毛の周期は4年から5年なので20代前半から意識していないと抜け毛が増え始める年齢の頃に一気に髪の毛が減ってしまいます。抜け毛が多くなる前に少しでも対策しておければ髪の毛はそこまで大幅に減ることはありません。可能なのであれば20代のうちから育毛を意識して、最低限健康的な食生活を送っていれば髪の毛が一気に減ることはないはずです。

 

ほとんどの人は髪の毛が一気に減ってきてから抜け毛の心配をし始めますが、髪の毛が抜けてからでは対策が遅れてしまっており、その抜け毛から4年から5年ほど時間をかけないと十分な髪の毛が生えてきてくれません。細胞の成長や髪の毛の成長の原理から、ここに時間がかかるのはどうしようもないことなので、少しでも早く喫煙やストレスの多い生活を辞めて、栄養をしっかり補給できる食生活を送りましょう。

 

毎日必ず推奨摂取量の栄養を摂取しないといけないわけではなく、毎日少しずつでも栄養補給できるように心がけて食事をしていくことが一番大切です。食事から得た栄養は一気に体外に排出されるわけではないので、定期的に栄養を意識した食事をしていきましょう。

 

人によっては40歳になっても抜け毛が気にならない人もいますが、そういった人は毛が抜けにくい体質か、しっかり栄養摂取できている可能性が高いです。精神的ストレスや正しいシャンプーの仕方、パートナーの意識が高いなどさまざまな要因が重なって抜け毛が起きにくい状態になるので、年齢に関係なく抜け毛は予防でき、きちんとした生活が出来ていないか、遺伝的な要因があると抜け毛は若くても多くなってしまいます。

 

早めに髪の毛の減少に気付けることがいちばん大切なので、シャワーや寝起きの枕などをしっかりチェックしましょう。あまり抜け毛が目立たなくても分からない所で毛が抜けている可能性はあり、頭皮の変化にも敏感になりましょう。髪の毛をしっかり洗ってもフケが出るような場合は、特に慎重にケアして状態が悪化しないようにしましょう。

 

育毛剤選びのコツと選び方

 

育毛剤を選ぶ時には、その成分、価格、効果と使いやすさが主な比較項目になります。きちんとしている育毛剤はどれもだいたい価格は同じで8000円から10000円くらいはかかってしまいます。キャンペーン価格を利用できたとしても初回のみで、定期コースを契約しないといけない場合が多いため、2回目以降は通常価格に近い価格で購入することになるパターンも多いです。

 

料金の比較をする時には3本、または5本購入した場合のトータルコストで考えるようにすると無駄がなくせます。初回のみ7000円でも、2回目以降は14000円かかって、4回以上購入しないといけない場合は、合計で49000円かかってしまいますが、初回8000円、2回目以降10000円であれば合計で38000円で済みます。初回価格と通常価格の差に注意して育毛剤を選びましょう。

 

効果については8000円から10000円するような育毛剤は十分期待ができます。個人差や体質による差はありますが、基本的にそれぞれの育毛剤を3カ月以上使用していけばある程度の効果は実感できるはずです。髪の毛のハリやツヤが出てきたり、髪の毛の伸びるスピードが早まったりした場合は育毛剤の効果が出てきていると考えられます。

 

M-034のような成分やセンブリエキスなど効果が出る前に差があるものもあるので、事前にどの程度育毛剤を利用する必要があるか、目安を把握してから使い始めましょう。育毛剤選びは効果が出るかどうかは非常に大切で、せっかく高い育毛剤を使っていても、体に合わずに効果が出ないこともあります。そのため、しっかりと育毛効果が出るものを優先して見つけて、価格は二の次に考えるのは一番です。

 

育毛剤は使いやすさも意識する必要があります。特に、頭皮が濡れた状態で良いのか、乾いた状態で使うのかによってだいぶ使い方も変わってきます。乾いた状態で使う場合は、しっかりシャンプーをした後にドライヤーで乾かすなどの工夫が必要で少し手間がかかります。

 

濡れたままでも良い場合はお風呂の中でそのまま使える場合もあります。日頃からドライヤーで髪の毛を乾かす習慣がある人はどちらでも問題なく対応できそうですが、ドライヤーを使わない人は新たにドライヤーを入手しないといけない可能性もあります。育毛剤利用に伴って変わることや新しく始めないといけないこともあるので、十分に注意しましょう。

 

育毛剤の特徴と魅力

チャップアップの特徴と魅力

 

チャップアップは育毛剤ランキングでも上位を独占するほどの人気があり、口コミや評価も高く、各方面での育毛剤ランキングにも登場する魅力ある育毛剤です。

 

モンドセレクション2017年金賞受賞を果たし、天然由来の植物成分やアルコールやパラベンを使用しないアミノ酸配合の育毛剤として安心して活用できます。チャップアップは血流の悪化を防ぎ、頭皮の炎症を予防して、それ以上の抜け毛を予防するため、育毛に取り組んでいきやすくなります。

 

育毛では長い期間抜け毛を減らしながらしっかりとした栄養補給もできるのでチャップアップは真剣に育毛を考えている方に最適です。

 

チャップアップの通常価格は14800円ですが、定期便で購入する場合は120ml7400円から利用することが出来ます。永久返金保証も利用できるため、どうしても効果が出なかったり、アレルギー反応が出てしまったり、商品に最初から不備があった場合も安心です。

 

チャップアップに含まれているセンブリエキスが毛根の血流を促進して、毛根にもしっかりと栄養が行き渡るようにします。また、グリチルリチン酸は頭皮の炎症を抑制してくれるもので、頭皮の皮脂による炎症を抑えて髪の毛が元気に成長しやすい環境を整えてくれます。他にも血行促進・抗炎症作用を期待して配合されている成分が多くあり、長く続けていけば育毛をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

 

チャップアップそのものが髪の毛を生やすのではなく、髪の毛が成長しやすい環境を整えるのを助けてくれるもので、その効果が大いに期待できるものとして人気が出ています。髪の毛がしっかりと再生されるには4年から5年かかることを考えると日頃の生活習慣の改善に加えて、補いきれない栄養などをセンブリエキスなどが含まれているチャップアップを利用するとより効率的になります。

 

チャップアップは40代の利用者が全体の40%、30代の利用者が27%と30歳から40歳の方だけで約7割の利用者を占めています。20代の方でも20%の方が利用しており、10代でも4%の方が育毛剤として使用しています。10代の抜け毛でも利用者がいるということも評価に値しますが、若いうちから育毛を始めるのに特に最適な育毛剤です。

 

チャップアップにはセンブリエキスや海藻エキス、アルニカエキスや豊富なアミノ酸群を含んでおり、頭皮ケアや頭皮環境の正常化に大いに役立ちます。

 

冬虫夏草やトマト、ヘマチンといったものも含まれており、成分数で言えば他のどんな育毛剤よりも成分が多く含まれているでしょう。これらの成分全てが頭皮に影響を与えるかどうかははっきりしませんが、たくさんの天然成分が含まれているため、そのうちの最も必要な成分が頭皮に吸収されていって、育毛しやすい環境を整えてくれます。まずは3カ月以上使ってみてからその効果を把握すると良いでしょう。

 

購入する際には、どんなセットで購入するかによって価格が変化します。育毛ローション120mlとサプリメント120粒入りのものは公式サイトでは9090円(通常価格20760円)、プラチナ定期便は育毛ローション120mlとチャップアップシャンプー300mlであわせて8880円(通常価格18980円)、プレミアム定期便は、育毛ローション120ml、チャップアップシャンプー300ml、サプリメント120粒で合計12370円(通常価格24940円)となっています。都度購入の場合、育毛ローション120ml1本7400円(通常価格14800円)となっており、まとめてセットで購入するほうが断然お得で安いです。

 

チャップアップは1回からでも定期便を解約できますが、確実な効果を期待する方は最低でも3回以上は続けて利用してみて、その効果を少しでも感じられるよう努力しましょう。サプリメント1箱だけの購入は1箱120粒5960円で送料660円、代引き手数料420円がかかります。セットで購入するほうが確実にオトクなので、購入の仕方も検討してみてください。

 

イクオスの特徴と魅力

 

クオスは全部で31種類の成分を配合した育毛剤で、新成分アルガス2をさらに追加するなど積極的に育毛効果を高める工夫をしています。毛周期の乱れを正したり、頭皮の血行促進をしたり、5α-リダクターゼやTGF-βをブロックしたりする働きがあり、AGA治療にもある程度期待できる育毛剤です。天然成分を配合しているため、アレルギーや肌荒れなどはあまり起こらず、安心して頭皮に使用することが出来ます。

 

モンドセレクション2017金賞受賞も果たしており、一定の信頼を得ています。45日間全額返金保証がついているため、体に合わなかったり、効果がなかったりした場合にはすぐにやめて返金してもらえます。きちんと返金システムがある誠実な会社の製品は効果に関しても信頼に値するのでイクオスを使ってみるのも良いでしょう。

 

Algas-2とは2つの海藻エキスを凝縮したもので、海藻由来のM-034とペルベチアカナリクラタエキスをあわせています。保湿力や発毛促進効果が期待できるミノキシジル同等のM-034が配合されているため、長期間継続すれば頭皮の状態は改善しやすくなるでしょう。髪の毛を力強くしてくれるスサビノリエキスも配合されているため、頭皮だけでなく、頭髪に対してもプラスの作用をもたらしてくれます。

 

イクオスは抜け毛の働きを科学的に分析して、さまざまな反応機序において育毛効果が生じるように工夫されています。有効成分もそれぞれの効果を発揮しやすいように含まれているため、安心してイクオスを使用することが出来ます。

 

公式サイトでイクオスは単品購入する場合、低下より24%OFFされた8980円と630円お送料で購入できます。定期コースの場合は定価の49%の5980円で2回目以降もずっと5980円で購入できます。毎月発送してもらえるため継続して利用するのにも適しており、購入しやすい育毛剤でコスパも良好です。また、イクオスとイクオスサプリEXをセットで購入する場合は定価の65%の価格6980円で購入可能で、定期購入するプランではずっと6980円でイクオスと専用サプリメントを使い続けられます。

 

この金額でサプリメントも購入できれば家計の負担も減らせて、さまざまな育毛対策にもコストを掛けられるようになるでしょう。

 

薬用ポリピュアEXの特徴と魅力

 

モンドセレクション2017金賞受賞も果たして6年連続金賞を受賞している薬用ポリピュアEXは、すでに多くの方に愛用されています。価格も安く、有効成分バイオポリリン酸の働きも注目されています。

 

ポリピュアEXに含まれている成分は20年以上もかけて研究されている分子で、育毛剤としての効果があるとは断定できませんが、生体内において有益な働きをすることが分かっています。累計350万本の販売実績もあり、無香料、パラベン不使用、鉱物油不使用、着色料不使用、石油系界面活性剤不使用と安全面にも十分考慮されている育毛剤です。
男女一緒に使えるというのも魅力的で、フケやかゆみ対策、脱毛予防や産後の脱毛、発毛促進などにも効果が期待されています。

 

薬用ポリピュアEXは、単品では定価7800円と送料650円がかかりますが、定期コースでの購入では販売価格は6800円で送料無料になります。3本セットの場合は通常価格23400円の所、20400円と12%割引になり、送料も無料になるため、まずは3カ月試したい方は3本セットでの購入が最もコスパが良いです。他にもポリピュアEXと専用シャンプーのセットは、通常価格11600円のところ、24%OFFされた8800円と送料650円で購入できます。

 

どの購入コースであっても全額返金保証がついており、安心して購入することが出来ます。価格はお手頃で、他の育毛剤に比べると成分数は少ないですが、大いに期待できる化学成分が含まれているため、一度使ってみても良さそうです。

 

育毛に効果があると認められているセンブリエキス、パントテニルエチルエーテルなども追加で配合されて従来のグリチルリチン酸ジカリウム、人参抽出液と合わせると4種類の有効成分が同時配合されていることになります。

 

さらに新成分としてバイオパップスを新しく加えて、バイオポリリン酸も30%増量できるようになっており、さらなる進化を遂げている育毛剤です。バイオポリリン酸と相性が良い低分子コラーゲン、ヒオウギ抽出液と、従来からある酵母エキスは保湿に役立ち、頭皮の環境を整えるのに役立ってくれます。総合的な髪の毛の悩みや脱毛の悩みに答えてくれるのが薬用ポリピュアEXの魅力です。

 

BUBKA(ブブカ)の特徴と魅力

 

BUBKAは、アルコール成分を大幅に減らして頭皮への負担を減らし、59種類もの育毛有効成分を配合した育毛剤です。頭皮に元気を補給する育毛剤で、M-034も従来の2倍含まれています。既に累計100万個販売しているほどの人気育毛剤で、新しい育毛習慣をしっかりサポートしてくれます。

 

通常価格は22680円、定期コースでは初回5980円、2回目以降11664円と少し安く購入できますが、通常価格や2回目以降の価格は高額すぎるのでお試しで利用するのも大変なのは欠点になります。育毛剤以外にもサプリメントやBUBKAドリンクと言ったものがあり、BUBKAサプリは通常価格6480円、定期コースでは5180円で購入できます。BUBKAドリンクは通常価格9720円、定期購入では7776円になります。

 

育毛剤BUBKAは59種類の成分を含んでおり、BUBKAサプリは全部で35成分を含んでいます。BUBKAドリンクは体内の重金属類を排出しやすくするためにαリポ酸とケイ素を含み、育毛作用を高めるために利用できます。BUBKAの育毛剤にはM-034が濃縮されて含まれているため、抜け毛予防にも育毛促進にも期待が持てて、血流促進を助ける作用も期待できます。

 

肌荒れなどを起こす成分もまれにありますが、BUBKAでは厚生労働省にも認可されているセンブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・塩酸ジフェンヒドラミンを含んでいるためアレルギー反応や肌荒れなどをそれほど心配せずに利用できます。絶対にアレルギーが起きないわけではないですが、安全面は十分考慮されている育毛剤なため、価格は高くてもしっかり育毛効果を期待することが出来ます。

 

BUBKA育毛剤もそれ単体で髪の毛が一気に生えてくることはありません。血流促進や頭皮環境の正常化を助ける作用があるだけなので、生活習慣が悪いままだと抜け毛はどんどん増えていってしまいます。BUBKAで抜け毛を予防しても根本原因の解決にはならないので、お金ばかりがかかってしまって家計の負担にもなってしまいます。喫煙をやめて、健康的な栄養補給ができる生活を送り、髪の毛に十分な成長のチャンスを与えるようにすることが大切です。

 

精神的なストレスが大きい場合には、転勤や転職も考え、できるだけ規則正しい生活が送れるように生活を大幅に変えていきましょう。毛周期は生活習慣の乱れとともに大幅に乱れるので十分な注意が必要です。

 

プランテルの特徴と魅力

 

薬用プランテルは1本50日分通常価格9800円が6980円で送料無料で購入できる定期購入コースがあり、モンドセレクション2015年銀賞受賞もしている人気育毛剤です。

 

パラベン、鉱物油、合成着色料を使用しておらず、育毛剤では珍しく単品購入でもお試し価格が用意されています。ただし、1本9800円のものが8200円になって送料が640円かかる状態になるだけなので、そこまでのメリットはなく、確実に効果を期待するならば3本セットのものを購入して継続したほうが安心できます。3本セット(5カ月分)の場合、通常価格は29400円ですが、7050円分安くなって22350円送料無料・手数料無料で利用できるようになります。

 

育毛剤はどんなものでも継続利用が大切なので、3本で5カ月試せると考えればプランテルはとても魅力的です。30日間全額返金保証もついているので、品質にも安心してプランテルを使うことができます。

 

プランテルはM字型のハゲや薄毛になってしまっている人に特に支持されており、U型5αリダクターゼの抑制をするため確実にM字後退を減らすことができます。

 

毛周期の乱れやずれも改善できるように有効成分が含まれているため、しっかりと髪の毛の力を取り戻すことができます。含まれている成分はヒオウギエキス、センブリエキス、タマサキツヅラフジに含まれるセファランチン、甘草の根に含まれるグリチルリチン酸ジカリウムといった有効成分で、髪の毛を育てる力とフケやかゆみの抑制や抜け毛予防を進めてくれます。フケやかゆみを抑制してくれる育毛剤は多いですが、M字薄毛に特化している育毛剤は少ないので症状に合わせて対策ができるのがプランテルです。

 

髪の毛にハリや艶がなくなって、どこか元気がなさそうになってきた場合には、育毛剤を使い始める必要があります。ストレスや疲労で一時的に髪の毛が弱まっている可能性もありますが、しっかりプランテルを活用すればM字の薄毛も髪質改善も頭皮ケアも同時にできます。価格は比較的一般的で、ユーザーからの満足度もそこそこ高いため、M字の薄毛が進んでいると感じる方にはとくにおすすめです。

 

しかし、M字型の薄毛はAGA(男性型脱毛症)の可能性も高いので、通販で購入できる育毛剤を使い続けるよりもAGA専門クリニックで施術を受けたほうが効果もあって料金も安く済む可能性があります。不安な方は一度AGA専門の医師に相談しておくと安全に治療をすることができます。

 

おすすめランキング

 

 

チャップアップの特徴

  • 天然由来の植物成分やアルコールやパラベンを使用しないアミノ酸配合の育毛剤
  • 血流の悪化を防ぎ、頭皮の炎症を予防
  • しっかりとした栄養補給もできる
オススメ セットで購入するほうが断然お得
価格 プラチナ定期便は育毛ローション120mlとチャップアップシャンプー300mlであわせて8880円(通常価格18980円)
プレミアム定期便は、育毛ローション120ml、チャップアップシャンプー300ml、サプリメント120粒で合計12370円(通常価格24940円)
総合評価 評価5

チャップアップの総評

チャップアップは育毛剤ランキングでも上位を独占するほどの人気があり、口コミや評価も高く、各方面での育毛剤ランキングにも登場する魅力ある育毛剤です。

 

 

 

イクオスの特徴

  • 頭皮の血行促進
  • AGA治療にもある程度期待できる育毛剤
  • アレルギーや肌荒れなどはあまり起こらず、安心して頭皮に使用することが出来ます
オススメ 定期コース
価格 定価の49%の5980円で2回目以降もずっと5980円で購入できます
総合評価 評価4.5

イクオスの総評

イクオスは全部で31種類の成分を配合した育毛剤で、新成分アルガス2をさらに追加するなど積極的に育毛効果を高める工夫をしています。

 

 

 

薬用ポリピュアEXの特徴

  • 価格はお手頃
  • 安全面にも十分考慮されている育毛剤
  • フケやかゆみ対策、脱毛予防や産後の脱毛、発毛促進などにも効果
オススメ 定期コース
価格 定期コースでの購入では販売価格は6800円で送料無料
3本セットの場合は通常価格23400円の所、20400円と12%割引になり、送料も無料
総合評価 評価4

薬用ポリピュアEXの総評

モンドセレクション2017金賞受賞も果たして6年連続金賞を受賞している薬用ポリピュアEXは、すでに多くの方に愛用されています。価格も安く、有効成分バイオポリリン酸の働きも注目されています。

 

 

 

BUBKA(ブブカ)の特徴

  • 頭皮に元気を補給する育毛剤
  • 抜け毛予防にも育毛促進にも期待が持てて、血流促進を助ける作用も期待
  • アレルギー反応や肌荒れなどをそれほど心配せずに利用
オススメ 定期コース
価格 通常価格は22680円、定期コースでは初回5980円、2回目以降11664円と少し安く購入できます
総合評価 評価3.5

BUBKA(ブブカ)の総評

BUBKAは、アルコール成分を大幅に減らして頭皮への負担を減らし、59種類もの育毛有効成分を配合した育毛剤です。

 

 

 

プランテルの特徴

  • プランテルはM字型のハゲや薄毛になってしまっている人に特に支持されております
  • 毛周期の乱れやずれも改善できる
  • 髪の毛を育てる力とフケやかゆみの抑制や抜け毛予防
オススメ 3本セット
価格 通常価格は29400円ですが、7050円分安くなって22350円送料無料・手数料無
総合評価 評価3

プランテルの総評

薬用プランテルは1本50日分通常価格9800円が6980円で送料無料で購入できる定期購入コースがあり、モンドセレクション2015年銀賞受賞もしている人気育毛剤です。

 

 

育毛剤に含まれている成分はなに?

 

 

育毛剤に含まれている成分の多くは、血流促進効果があるものや髪の毛の成長を促進するもので、センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウムは血流促進と抗炎症作用を高めることを期待されて含まれています。

 

頭皮には皮脂汚れが多く残りやすく、髪の毛が伸びやすいように常に髪の毛の皮脂腺から皮脂が分泌されるためしっかり髪の毛を洗わないと頭皮には皮脂が残ったままになり、感染症や炎症をおこすことになります。

 

抜け毛が多くなっている人には頭皮ケアを怠っていたという共通点が多いため、こうした洗浄成分と抗炎症成分が含まれているのは当然といえば当然です。

 

M-034のような成分はAGAの原因ともいわれている抜け毛に関与している5α-リダクターゼなどの働きを抑える事が期待されています。AGAでなくても抜け毛に関係する要因を減らしてくれる可能性が高いため、M字の抜け毛や小さな円形脱毛症があれば早めに医師に相談し、育毛剤も適したものを使用しましょう。

 

育毛剤に含まれている血流促進成分、抗炎症成分は、それだけでは髪の毛を増やすことは出来ないため、毛細血管の元気を回復できるように食生活を改善し、喫煙などの悪い習慣もやめるようにしましょう。

 

食べる食材も意識して変え、油の多い肉類を避けて、魚介類と野菜を中心にした生活を送るとより髪の毛を増やしやすい体内環境を整えられます。

 

AGAは育毛剤で治療できるの?

 

AGAはAndrogenetic Alopecia(男性型脱毛症)という遺伝や男性ホルモンが影響して起きてしまう症状の一つで、根本原因が生活習慣にない場合はなかなか育毛剤では治療がうまくいきません。

 

そのため、専門クリニックや男性向けのAGAクリニックに通って検査を受けて治療を行うことになりますが、育毛剤でもある程度は抜け毛予防が出来ます。男性ホルモン・テストステロンが影響している場合には、5α-リダクターゼの働きを抑制することで抜け毛を多少予防できますが、根本的に生活面を改善しながら、遺伝による要因を減らさないと十分育毛に成功できません。AGAの治療に育毛剤を使うのは少し力が足りませんが、多少の抜け毛予防には役立ちます。

 

20代の抜け毛でも頭頂部円形脱毛、M字の抜け毛がない限りは育毛剤である程度抜け毛予防が出来て、薄毛や抜け毛を減らすことが出来ます。頭頂部のハゲやM字ハゲは、視覚的にもかなり目立つので、少しでもその予兆に気づいたら早めに対策しましょう。育毛剤を使うよりはAGA専門クリニックに通うのが一番で、確実にAGAによる薄毛や抜け毛を防げます。

 

一度抜けてしまった毛も、正しい方法で治療すれば4年から5年という期間を経て、しっかりと強い髪の毛が育ってくる可能性があるので、諦めずに地道な育毛を継続しましょう。若いうちから治療ができればそれだけ症状は進行しない状態に抑えられます。

 

AGAかどうか確かめる方法は?

AGA(男性型脱毛症)かどうか確かめるには、家族に薄毛の人がいるかどうか確認することから始めるのが良いでしょう。また、おでこの生え際の毛が減ってM字ハゲと言われるような状態になっている場合は、AGAの可能性が高まります。さらに、頭頂部に円形に近い薄毛が起きている場合にはAGAの可能性があります。

 

他にも薄毛が進行していなくても、髪の毛が細く弱々しくなっている場合には、AGAの予兆が出てきている可能性があります。最初に家族や祖父母に薄毛になっている人がいないかどうか確かめて、ある程度調べてから医師に相談すると効率的です。近年はAGA専門のクリニックで遺伝子検査を受けることもできるので、さまざまな調査からAGAの可能性を探りましょう。

 

AGAだった場合には、本格的なクリニックでの治療に専念することになります。既に市販の育毛剤を使用していた場合はそれらの使用を一度やめて、プロペシアのような専門の薬やフィナステリド、ミノキシジルが配合されている医薬品での治療を行う可能性が高いです。もちろん、AGAだったのであればAGA治療を進めれば薄毛を予防して、育毛をしっかり進められるはずです。

 

育毛剤をいくら使っても薄毛が解消できない場合にはAGAの可能性もあるため、無理に個人の感覚で育毛を続けずに、一番薄毛対策に効果がある方法を見つけて取り組んでいきましょう。

 

AGAの専門クリニックはまだまだ少ないためどんな地域でも治療を受けられるかどうかは確かではないですが、少しでも早く薄毛を治したいならばAGAクリニックに通うのが一番効果的です。

 

育毛剤を使う時のコツと注意点

育毛剤を使用する時には、食事習慣を改善して、血流促進作用がさらに高まるように適度な運動をすることも効果的です。

 

20代や30代になってくると思うように運動ができないでいることも多く、そうした生活習慣も運動不足を悪化させて血流を停滞させてしまいます。育毛剤を使用しても血流促進できますが、それだけでは完璧ではないため、個人で食生活改善と運動をあわせて努力しましょう。育毛剤を使うタイミングは、その育毛剤によって差がありますが、1日朝晩2回のものもあれば1日1回で良いものもあります。

 

極端に使用する回数が多いものは長続きしにくいため、1日1回位からはじめていって、育毛剤使用に慣らしていくのが大切です。いきなり真剣に始めすぎると三日坊主になってしまうので、より長く継続できるようにしましょう。

 

育毛剤は子どもが使用してもそこまで大きな問題はないですが、肌に触れたり、目に入ったりするのは避けたほうが良いので幼い子供がいる家庭では、子どもの手の届く所には置かないようにしましょう。

 

使わないように言っておいても子どもの好奇心で遊ばれてしまうこともあります。また、高級な育毛剤で遊ばれてしまうとちょっとの量でもかなり無駄になるため、それだけお金も無駄になります。育毛剤がいくらアルコールなど刺激物を含まないものであっても、子どもの肌には刺激が強すぎる場合があるため注意しましょう。

 

さらに、女性が一緒に使える育毛剤ならばよいですが、女性には合わない育毛剤もあるので、パートナーと一緒に使うのは避けましょう。

 

育毛剤は天然成分を使用していても抗炎症作用を持つ成分も多くあるため、頭皮に育毛剤をつける時に垂れて目に入らないようにしましょう。鼻や口に液剤が入るのもできるだけ避けたほうがよく、浴槽で使用するのも避けましょう。

 

湯船に育毛剤が垂れてしまうと他の肌にトラブルを起こす可能性があるので、一般的な利用方法を守りましょう。浴槽に入っている時はじっくり時間を使えるので育毛剤を使用したマッサージにも適していますが、体に安全な育毛剤を選んでどんな環境でも簡単に使えれば毎日のケアもしやすくなります。

 

育毛剤を使用した直後は直射日光には当たらないようにする工夫が必要です。

 

低刺激で頭皮に優しい育毛剤であっても、育毛剤として頭皮に塗り込めば一時的にも頭皮に負担がかかった状態になります。頭皮への負担が何がきっかけで増えてしまうかはわからないので、育毛剤を使う場合は寝る前やお出かけをしない時に限定したほうが無難です。また、育毛剤を使った後に長時間ヘルメットをかぶって蒸れやすい状態にするのも避けた方が良いです。

 

育毛剤で一気に血流促進した後に頭皮表面の環境を悪化させると血流促進の影響がマイナスに働くこともあり、かゆみや肌荒れなどを起こす場合があります。髪の毛を元気にする育毛剤は生活の中のちょっとしたことで問題を起こす場合があるため、事前に注意しておきましょう。

 

育毛剤でもアレルギーや肌荒れに注意

 

 

育毛剤には天然成分が多く含まれているため、一部の方にとってはまれにアレルギーに似た症状が感じられることもあります。

 

使用者本人もそれまで一切触れたことがない天然由来成分はアレルギーがあるかどうかも分からないため、既になにかしらのアレルギーがある場合は念のため、医師に相談してから育毛剤を選ぶと安全です。化学成分に対して起こりうるのはアレルギーというよりは肌荒れで、症状の根本原因が異なっています。育毛剤を使って肌がピリピリした場合には、使用する回数や量を控えめにして、頭皮にトラブルが起こらないように注意しましょう。

 

トラブルが起きてからでは取り返しがつかないので、肌荒れには敏感に気づけるようパートナーの協力も得られると最適です。

 

育毛剤の多くはアルコールやパラベン、添加物などを使用していませんが、これは抜け毛トラブルが起きている頭皮にさらに刺激を与えてしまうとさらに抜け毛が増えてしまうためで、育毛剤だけでなくシャンプーやコンディショナーなどを使用している場合にはそれらの成分でもアルコールなどがないようにする必要があります。本来必要ない刺激を頭皮に与えているとどんなに食事を気をつけて体の内側から栄養を毛根に送っても抜け毛が増えてしまうため、育毛剤以外の部分でも注意しましょう。

 

せっかく育毛剤で炎症を抑えても、シャンプーやコンディショナーなどで炎症を起こしていると抜け毛が減ることはないため、どんなに些細なところでも頭皮にストレスを与えないよう意識しましょう。

 

育毛剤の多くは頭皮に直接塗って使うタイプのものが多いですが、シャンプーやサプリメントがセットになっているものもあります。こうした場合、サプリメントやシャンプーが体に合わないこともあるので、まとめて購入して失敗しないように、使用に問題がないことを試してから継続利用しましょう。

 

既にサプリメントを飲んでいる場合には、飲み合わせにも注意が必要で、食べ合わせなどにも注意が必要です。食べ方や飲み方なども気をつけて育毛剤の効果がしっかり出るように工夫しましょう。

 

頭皮に使用する場合には複数の育毛剤を併用しないようにすることも大切です。

 

刺激の低い育毛剤であれば頭皮にそれほどダメージはないですが、育毛剤をいくら使っても毛根に栄養が行き渡るわけではないため、根本的に食生活を改善しておく必要があります。複数の育毛剤を利用してもそれぞれの成分の働きがうまく作用するかどうかは不明で、相乗効果にならずに効果を打ち消し合ってしまう可能性もあります。育毛剤を使用すると頭皮にさまざまな成分を染み込ませることになるため、それらの栄養を吸収するためにもエネルギーが消費されます。

 

育毛剤を組み合わせていけば成分は増えるかもしれませんが、頭皮そのものや毛根の元気がなくなっている時にそれらの育毛剤の成分を十分吸収できるかどうかは定かではないので無理な使い方は避けましょう。

 

男女、パートナー同士で同じ育毛剤を使えるものもありますが、頭皮に直接育毛剤の先端を密着させる場合には、たとえ夫婦、パートナー同士でも衛生面には十分注意しましょう。シャンプーの後に使うものであればそれほど衛生面の心配はないですが、皮脂汚れや表皮菌などの影響で肌トラブルが生じる可能性もあります。

 

基本的には手のひらに液剤を出してからマッサージするように塗り込んでいくものですが、手の汚れが残っているとそれが頭皮に影響する可能性もあります。

 

肌が弱っている時には、ちょっとした刺激も悪影響が起こる可能性があるため、出来る限り油断せず、少しでも安全に育毛に取り組めるようにしましょう。

 

育毛剤の使いすぎには気をつけよう

育毛剤にはさまざまな化学成分が含まれているため、使いすぎると頭皮に逆に悪影響が生まれてしまう可能性があります。

 

アルコール成分やパラベンのほか添加物が含まれていない場合でも、過剰に使用すると刺激が強くなりすぎるため逆に頭皮が炎症をおこすこともあります。炎症が起きるとせっかく頭皮や毛根に栄養が行き渡っていても、肌の再生のためにエネルギーが使われてしまったり、毛根付近が腫れてしまうため血流の流れを悪くする可能性があります。育毛剤の使いすぎにも十分気をつけておきましょう。

 

育毛剤は使い方に一定のルールが有り、頭皮が濡れている状態で使うか、乾燥した状態で使うか、シャンプー後にすぐに使ってよいかなどさまざまなルールを守る必要があります。1度に使う量やマッサージの仕方も注意し、万が一頭皮に傷があった場合はその部分を避けて利用するなどの工夫も必要です。

 

基本的に育毛剤を使いすぎるということはあまりないですが、高級な育毛剤は120mlほどしか入っていなくて8000円近くかかるものもあるため、金銭的な負担があることも考えて、使いすぎないようにして節約も意識した使い方をしましょう。

 

無駄に多く育毛剤を使ってしまうのは頭皮にもお財布にも良くないので、育毛剤を使う時には一工夫しておきましょう。

 

育毛剤によっては専用のシャンプーやサプリメントが付随している場合もあるため、バランスよく活用すると育毛効果をより高められます。育毛剤のサプリメントを使う場合もその1日の摂取量は守る必要があり、シャンプーも十分気をつけて使っていれば身体への負担は最小限に抑えられます。

 

そこまで抜け毛が酷くない場合には、育毛剤を毎日使うのではなく、2日に1回や3日に1回のペースで使用することも出来ます。定期購入を利用する場合、毎月、2カ月ごとに商品が送り届けられるといったことも選べるので、都合の良い購入方法をして、多く入手できたからといって一気に使わないようにしましょう。また、逆に使う量を節約しすぎると十分に育毛剤の効果が得られないので、節約のしすぎにも注意しましょう。

 

最低限用法用量を守って使っていればトラブルになることはないでしょう。

 

 

育毛剤を選ぶ時には、その成分、価格、効果と使いやすさが主な比較項目になります。きちんとしている育毛剤はどれもだいたい価格は同じで8000円から10000円くらいはかかってしまいます。キャンペーン価格を利用できたとしても初回のみで、定期コースを契約しないといけない場合が多いため、2回目以降は通常価格に近い価格で購入することになるパターンも多いです。


 

まとめ

育毛剤はその効果と価格、使いやすさで選ぶのが最も大切です。たとえ高くても効果が得られない育毛剤を使っていてはあまり意味は無いので、高い育毛剤を使ったからといって良いわけではありません。

 

多少安くても十分な効果がある場合もあるため、体質に合わせた育毛剤を見つけるのも大切です。一度使ってみるというのはとても大切なので、お試しセットや少量のもの、1個だけの通常購入もしつつ、医師に相談もして最適な育毛剤を見つけましょう。